スポンサーリンク

マッサージを受けるには、どこへ行けばいいのか。注意しておきたいポイント。

健康
スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

 

んちゃ。

前回はあん摩、マッサージの効果をなんとなく書いてみましたけども。

ちょびっとだけ、あん摩、マッサージを受けたいような気になってきました?

でも、あん摩、マッサージの施術を受けるにはどこへ行ったら良いのか迷うでしょう。

今日はそんなことを含めて、色々と書いていこうと思いますよ。

※前回の記事を読んでない方はこちら

薬も服用せず、器具も使わない、あん摩・マッサージ・指圧の疾病予防効果は凄まじい。
あん摩・マッサージ・指圧は、多くの人が癒し程度にしか思っていないだろう。しかし、あん摩・マッサージ・指圧には、疾病予防はもちろん、免疫力の向上、ダイエット効果にもつながるのである。しかも、薬も服用せず、器具も使わない、実に体に優しい医療なのだ。

 

 

マッサージの施術を受けてみたいけど、どこへ行けば良いのか。

答えは簡単。

マコちゃんの施術を受けるのが一番・・。

な〜んてのは、冗談、冗談。

でもちょと本気。

な〜んて。

 

やっぱり、一番安心して施術が受けられるのは、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っている人のところでしょうね。

国は医師とあん摩マッサージ指圧師にしか、マッサージ、あん摩・指圧の施術は認めてませんし。

あん摩マッサージ指圧師はそれを専門で学んできている人たちですからね。

 

あん摩マッサージ指圧師の施術を勧める理由

他にもあん摩マッサージ指圧師を勧める理由があります。

それは、あん摩マッサージ指圧師になるのも、けっこう大変だということ。

 

あん摩マッサージ指圧師には、どうやってなるのかというと。

3年間学校に通うことになります。

マッサージの実技はもちろん、生理学、解剖学、病理学、臨床医学各論、臨床医学総論、東洋医学概論、経絡、リハビリテーションなどなど。

他にも心理学や栄養学なんかの授業もあったりして。

それに加えて実技もあるので、けっこう大変。

基礎医学に関しては、ある程度学ばされます。

東洋医学や経絡に関して学ぶのは、鍼灸師とあん摩マッサージ指圧師。

柔道整復師は東洋医学や経絡に関しては学びません。

 

これらの科目を3年間で学び、3年生の秋あたりに卒業試験を受けます。

この試験に合格しないと、国家試験は受験できません。

卒業試験は、おそらくどこの学校もそうなんでしょうけど、本番の国家試験よりもはるかに難しいんですよ。

マコちゃんの通っていた学校では、どういうわけか医師国家試験、看護師試験、理学療法士試験などの問題も卒業試験に入れてくるというねぇ。

非常に性格の悪い卒業試験でした。

なので、卒業試験では半数以上の生徒が落とされちゃいます。

今はどうだか知りませんけども。

マコちゃんの時代はそうでした。

 

追試は何回か受けられるんですけど、それで合格できなければ国家試験は受験できないんですねぇ。

どうしてそんなことをするかというと。

国家試験の合格率を上げるため。

誰でも国家試験を受験させたら、合格率は下がってしまいますから。

そうなると、学校の評判も悪くなりますからねぇ。

何回か追試を受けさせて、それでもダメな生徒はその年の国家試験は受けさせないんです。

おそらく、あん摩マッサージ指圧師の学校以外でも、医療系の学校のほとんどは、そういうやり方をとっていると思います。

授業の出席も厳しいですし、定期テストも厳しいですからね。

途中で辞める人や、留年する人も珍しくない。

 

そして、気になる学費はおいくらなのかというと。

3年間でだいたい400万円くらい。

高いんだわなぁー。

学費だけでハードル高いもん。

 

マコちゃんは夜間に通っていたんですけどね。

ほとんどの生徒は働きながら月曜〜土曜まで学校に通ってるという。

こんな大変な思いをして、大金を支払って、あん摩マッサージ指圧師になっているわけですからね。

あん摩・指圧、マッサージに対する気持ちも強いでしょうし、患者さんを良くしたいという思いも強いでしょう。

しかも。

あん摩・マッサージ指圧師の人は、基礎医学や東洋医学のことは一通り学び、国家試験も通っているわけですから。

それだけ信頼性はあると思いますよ。

スポンサーリンク

あん摩マッサージ指圧師が知られていない理由

あん摩・指圧、マッサージを専門にやっているところって、あんまり見かけないですよね?

街中で多く見かけるのは、整体やリラクゼーション。

たまに接骨院や整骨院なんかを見かける程度。

どうして、あん摩・指圧、マッサージ専門のところは少ないかというと。

開業している人たちが少ないというのもありますし。

開業するのに色々と面倒だったりするんですよ。

 

待合室や施術室の広さ、窓の大きさなどの規定があるんです。

しかも、開業前は必ず保健所の審査があるんですねぇ。

その審査に通って、ようやく開業ができるというシステム。

お医者さんが開業する場合や、鍼灸治療院、接骨院、整骨院なども同じです。

開業するまでが大変なんですわ。

医師、鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師は厚生労働省の管轄なのでね。

衛生管理などが非常に厳しいんですの。

 

んで。

開業するのに、テナントを借りて大々的にやるところもあるでしょうけども。

資本金もかなり必要ですし、非常にリスクも高い。

なので、そういった開業の仕方をするあん摩マッサージ指圧師はほとんどいません。

マッサージ業は、経費はそれほどかからないんですけど、稼ぐのには効率が悪い。

高いテナント料を支払っていたら、利益を上げるのに料金を高く設定しなければなりませんからね。

料金が高いと、患者も来ないでしょうし。

なので、意外とマンションやアパートで開業している人たちが多かったりします。

大家さんの許可が得られて、保健所の審査が通れば、マンションやアパートでも開業ができちゃうんですよ。

でも、大家さんからは看板や表札を出すのはダメという条件もあったりします。

 

それに加えて。

広告の規制が非常に厳しい。

開業医や、鍼灸治療院、接骨院なども同じなんですけどね。

電話番号や所在地、駐車場の有無、施術所名くらいしか広告には表記できないんですよ。

こういったことがあるので、余計に世間からあん摩マッサージ指圧師の存在は知られないんですよねぇ。

 

ネットの口コミではなく、人から人への口コミが重要

んじゃあ、どうやってあん摩マッサージ指圧師を探すかというと。

ホームページやSNS、ブログで探すしかないでしょうねぇ。

でも、意外とホームページやブログもやっていないあん摩マッサージ指圧師も多いんですよ。

その人たちは、どうやって患者さんを獲得しているかというと。

それは口コミ。

ネットなどの口コミではなく、人から人へと伝わっていく口コミ。

患者からの紹介で、患者を獲得しているあん摩マッサージ指圧師もけっこういます。

そういったマッサージ師の中には、患者からの紹介がないと、施術をしないという人もいます。

どうしてかというと、あん摩やマッサージを理解しないで、クレームばかり言う人たちが結構いるんです。

そういう人との関わりを少しでもなくすために、紹介制をとっているマッサージ師もけっこういます。

実は、マコちゃんもその1人だったりするんですねぇー。

 

ホームページすら出さない

マコちゃん、今はホームページすら出してません。

なぜなら、営業がヒドイ。

ヒドすぎるからです。

ネット広告の依頼やら、どこどこの取材の依頼やら、胡散臭い電話ばかりかかってきたり、直接、営業なんかも来たりして。

非常に迷惑を被ったんですわ

そのせいで、ホームページを閉鎖しちゃったんですねぇー。

ありがたい事に患者さんはそれなりにいたので、ホームページ閉鎖後は、紹介制という方法をとるようにしました。

 

あん摩マッサージ指圧師がいなければ、鍼灸師、柔道整復師

調べても、近所にあん摩マッサージ指圧師がいない場合。

接骨院や整骨院、鍼灸治療院にあん摩マッサージ指圧師の資格を持っている人もいますからね。

鍼灸師とマッサージ師の両方の資格を持っている人や、鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師の3つの資格を持っている人もいます。

あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていても、鍼灸院や接骨院で開業している人もいますから。

そういったところであれば、良い施術を受けることができるかもしれません。

たとえ、あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていなくとも。

医学の勉強をして、国家資格を取得している人たちですからね。

無資格者の整体やリラクゼーションよりも、安心して良い施術を受けられるでしょう。

ただ、以前の記事にも書きましたけど、接骨院や整骨院では、健康保険を使われないように注意しましょう。

犯罪に巻き込まれる可能性がありますから。

スポンサーリンク

リラクゼーション、無資格の整体は避けるべき

マコちゃんは無資格者の整体、リラクゼーションはお勧めはしません。

なぜなら、事故が多すぎるからです。

グレーすぎる施術でケガ人が急増中! 消費者庁も警告する「地獄マッサージ」の実態 - 社会 - ニュース
■一向に後を絶たない無資格者によるマッサージ中の事故 7月中旬、フリーアナウンサーの生島ヒロシさんが都内で「おなかをへこませるマッサージ」を受け、肋骨(ろっこつ)を2本骨折したというニュースが話題に...
消費者庁が、「リラクゼーションマッサージ」などによる事故を警告
消費者庁が、法的な資格制度がない医業類似行為による手技によって、脊髄損傷などの重大な事故が発生しているとして警告を発しています。

 

大手のリラクゼーションでも研修をしているとはいえ、1ヶ月ほどの研修。

ほとんどが素人ですからね。

特に、1時間2980円とかの格安リラクゼーションや整体はやめた方がいいです。

それだけ安いということは、働いている人も安く使われてますし、それなりの適当な施術です。

知識もほぼないでしょうし。

しかも素人。

逆に体調が悪くなる可能性もありますから、やめておいた方がいいでしょう。

 

リラクゼーションに騙されるな

んで。

最近流行りのドライヘッドマッサージ。

頭と首筋だけをマッサージして、いつの間にか寝落ちさせるというのが流行ってましたよね。

今はどうだか知りませんけど。

首や後頭部を優しく適度な圧でマッサージすると、副交感神経に切り替わるので、眠くなるのは当たり前なんですよね。

神の手を持つウンタラカンタラって、施術者の人をテレビで紹介してましたけど。

照明を暗くして、首回りや頭もマッサージすれば大体の人は眠くなるわなぁー。

あんな施術で、けっこう高い料金でも人が集まるんだから、メディアの力ってホントすっごい。

ただ。

高血圧の人や低血圧の人、肥満の人、中高年はドライヘッドマッサージや、肩のみ、首のみのマッサージは注意が必要です。

脳梗塞を起こす危険性がありますからね。

凝り固まったていた筋肉を揉むと、血流が速く、勢いが強くなります。

頭に近い部位をいきなりマッサージすると、脳の血管が切れる場合も稀にありますの。

意外と怖いんですよ、マッサージって。

 

治るとハッキリ言ってしまう施術者には注意

 

あん摩マッサージ指圧師の資格を持っていても、

 

一発で治る

 

と断言しちゃうような施術者のところはやめておきましょう。

医師でないと、確定診断、治ったという判断はできません。

そもそも、医師以外は治るという言葉は使えないはず。

あん摩マッサージ指圧師は、レントゲンやCT、MRIも使えませんし。

あくまで、あん摩マッサージ指圧師はマッサージをするだけであって、患者自身の自己治癒力で身体を治していくわけですからね。

一発で治るなんてことは絶対に言えないわけです。

マコちゃんは、痛みが消失とか、軽減といった表現をなるべく使うようにしてます。

 

そして。

意地でも病院を勧めないあん摩マッサージ指圧師も要注意です。

何かの病気から身体の痛みが出て来ている場合もありますからね。

症状を聞いて、まずは病院で検査を受けてくださいと言えるようなあん摩マッサージ指圧師は信頼できますよ。

 

今回は長々と書いてしまいましたが。

あん摩マッサージ指圧師でも上手い下手、男性か女性か、合う合わないというのがありますからね。

自分に合ったあん摩マッサージ指圧師に出会うには、色々なところで施術を受けてみるしかないでしょうね。

マコちゃんからすると、スポーツジムに行くよりも、あん摩やマッサージを受けた方が、身体の調子は良くなると思うんですけどね。

体力づくりはジムに行かないでもできますから。

ということで、

ぐわしっ!!

スポンサーリンク

本日も閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

ポチッと2ヶ所、応援クリックお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました